RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 19.自己責任と責任転嫁HOME > 第一章 あなたへ > title - 19.自己責任と責任転嫁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






19.自己責任と責任転嫁


人は時に責任を負いたくないと、自ら放棄してしまうことがあります。
恐れが入れば、さらに選択の余地は狭まり、
自ら首を絞めてしまうということもあるでしょう。

しかし、本来皆さんは自由な存在であり、どんな選択も可能な存在です。
八方塞がりな状態こそ、見えるものが違ってくるでしょう。
選択が出来ないということは、逆に言えばどんな選択も可能だからです。

そして選択し、生き抜く、つまりは責任を負う覚悟が定まった場合、
あなたは自分自身にパワーを与え続けることになります。
責任転嫁とは他人にパワーを与えた状態であり、
逃れたつもりが自ら苦しくさせることにあります。

あなたがあなたを生き、向かい合う覚悟があるならば、
進む道は照らされていくでしょう。
あなたが自らの道を生きると言うことだからです。





人は「もう、無理」と思えば、他人のせいにするというスキルを使います。

必殺:責任転嫁! です。


責任転嫁とは、相手に責任があるっていう状態ですね。


しかし果たしてそんなことはあるのでしょうか。

責任転嫁すれば「もう無理」と思ったことが可能になるのでしょうか。

そんなことはあり得ないですね。


きっと他者に責任を負ってもらうのはとても楽です。
荷物をもってもらっている状態です。

変わらなくていいし、何も考えなくていいし、
体は軽いから、ラッキーな気がしますね。

しかしいつの間にか責任を負ってくれる相手の言うことが、絶対になってしまいませんか?
荷物を持ってもらっているのが楽すぎて、他者の行きたい道ばかり歩いていませんか?
責任をおってくれていると、喜んであぐらをかいていたら、
意外と自分の道とそれていることなんて、よくあるお話しですね。

こんなはずじゃなかった。とか
タダより高いものはない。とか

他者が責任をとってくれて何か成し遂げることができるなら、
それは他者の糧になったのと同じことではありませんか?


自分の人生に、行動に、発言に、責任を負う。
自分の荷物だけ自分で持つ。
他者は他者の荷物を持つ。

そして手をつないで歩く。

そしてお互い好きな道を歩く。

わたしはそんな感じがいいな、と思いますの。


責任転嫁をしなければ、道がそれる前にちゃんと気づくものなのです。


自己責任って、とっても楽しいものなのです。
fHg3WwHLvdEuwP31380371825_1380372176.jpg

目次
MENU
お申し込み






カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
9位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。