RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 64.愛しさと温もりを求めて・・HOME > 第二章 内観 > title - 64.愛しさと温もりを求めて・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






64.愛しさと温もりを求めて・・


人の体温はとても心が休まるものなのでしょう。
この物質世界を生きる私たちにとって、
肌で感じられるというプレゼンは掛け替えのないものです。
赤ちゃんが母の体温を求めるように、
自然と温もりを求めたくなるものなのでしょう。

そして母が離れるとあなたはまた別の温もりを求め旅に出る。
そうしたことの繰り返しにより、
あなたは他人を求めずにはいられなくなる習慣を手放してください。

あなたの心、体は今ここに存在し、温もりを求めないように、
あなたの心にブレーキをかけているのです。
それは外に求める必要はないのだということ。
あなたの存在は確認せずとも、今ここに在るのです。
あなたが自身に安らいでください。


(講座案内リンク先はこちら


私はぬくもりが大好きです。
子供二人はいつもくっついて遊んでいますし、
猫もトカゲもいつも近くにいます。
そして旦那さんともとても仲がいいです。
BODYのスキンシップは楽しいですよね。

私たちは時にぬくもりを特別視しがちです。

一人でいると虚しく寂しくなったり、
人肌恋しくなったり、手をつなぎたくなったり。
とても素敵な感情です。

ですがぬくもりが感じられないとき、
とても大きな孤独感に襲われてしまうこともあります。

しかしぬくもり以外があなたの孤独を埋める手段なのでしょうか。

孤独感を感じるとき、体を触ってみてください。
きっと少しひんやりしていたら、
あなたの手のひらで「自分」を温めてあげませんか?
触れた箇所はぬくもりをもらえます。

手のひらが冷たければ、
反対に、手のひらを体で温めてみてください。

あなたは自分で自分に温もりを与えることも可能なのです。


そして温もりを探し、受け取るだけではなく、
温もりを与える喜びを感じてみましょう。

NYHfNLawRyr37eT1386844209_1386844410.jpg

目次
MENU
お申し込み






カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
6位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。