RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 17 罪悪感(対談)HOME > 現在編 > title - 17 罪悪感(対談)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






17 罪悪感(対談)

R氏とM氏の対談集

M:さて、昨日の 記事で罪悪感とごめんなさいの仕組みについて
ちょっとふれたわけですけど、
罪悪感を持っている人がいくら謝りたくても、
相手が謝ってほしいとはかぎりません
(またまた急展開ですね笑)

むしろ本当に申し訳ない気持ちがあるならば、
謝るという行為に限定せず相手のしてほしいことをしてあげるっていうのが、
たぶん本来のコミュニケーションの形なわけですね。

:本来のコミュニケーションとは相手との話を分かち合う、
共通する空間を共感し、楽しく話し合う場です。

ですが罪悪感を用いると
あなたは相手からの共感を沢山感じたくなるのでしょうね。

あなたが何を欲して話しているのか考えた事がありますか?
その相手は適切ですか?


言いたい事、伝えたいことがあるなら、愛を持ってつたえましょう!

M:本来の純粋な思いが
ちょっと形をかえてひねくれちゃっているだけなので、
きちんと向き合えば以外とこんなもの!?と思えるような
愛おしいものに変化していくものなのです。

でも向き合うまでは、相手からの興味関心を引きたくなっていますから、
そのために、人の手を借りたくなったりしてしまうものだったりするんだよね。
その相手を好きな人に設定してしまったりすると、
より相手に罪悪感を抱いてしまう原因を新たにつくってしまったりするよね。

:罪悪感を抱いたときに肝心なのは
あなたの心とまず向き合ってください。

その罪悪感は本当に抱くべきなのか、
その罪悪感を手放す時がきていることを自覚しましょう。
あなたの心が発するものは罪悪感ではなく感謝の心です!

M:さて、まとめてみましょう。

1、他者に興味を持つ
2、他者と自分を比較する
3、自分の至らない(と感じる)面を克服しようとする
4、自分に対してや、結果の出ない苛立ちを相手にぶつける
5、本来臨んだ結果が手に入らないので、より苛立ちを覚えるとともに、罪悪感が芽ばえる
6、直にならない限り、悪循環に陥る
7、素直になれない理由として、様々なブロックが存在している


最初は純粋な興味関心から始まっていることに目をむけると面白いですね。


:あなたのブロックがなんなのか、
それを解明するために本題の例題として、ここであげさせていただいております。
是非活用して、あなたの問題に(問題と思って抱えているもの)について考えてみてくださいね



絶対的な法則ではないので、当てはまる部分をうぞ参考にしてください。
あくまでも私たちの内観で行ったテーマについての記事です。




おすすめ記事
17あなたは何に価値を置きますか?







カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
23位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。