RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 12 親切から生まれる罪悪感HOME > 現在編 > title - 12 親切から生まれる罪悪感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






12 親切から生まれる罪悪感

前回の続きです。前回のリンク先はこちら

最初にジョンという男の子がいました。
その男の子は女の子が好きでした。
その子が居ると胸が高鳴り、優しくしたいのに意地悪をしてしまう。
そんな彼女は男の子にも優しく接し、人気もある子でした。
男の子は思います、こんな自分に価値はなく、どうしてこんな僕に優しくするんだと。
僕は自分の罪悪感、劣等感からも苛まされることになるでしょう。

僕はなんで優しくできないんだろう・・・。



誰でもこのような感情を受ける場合があるでしょう。それはあなたに限ったことではありません。
これは例文ですが、物の貸し借りでも相手が自分より少し多めに自分に取って良い物を持ってきたとします。
そこであなたは自分と同じもの、量ではない事に罪悪感を覚えるケースもあるでしょう。

罪悪感はこんな場合から多くの状態で生み出されるものです。
感情の一部ですからね。

ここで彼らのやり取りで、ブロックという部分がいくつか見えてきます。
あなたにはこれがわかりますか?

勿論これは質問や答え合わせを行うところではありません。
ケースバイケースという状態であり、人やその方の情報、心理、行動などあらゆる部分から想定し、内観を行いますので、
あなたの場合に当てはまる場合もあれば、その逆もあるということ。
その上で考えてみてください。

私達が行う内観は相手に合った内観なので、同じケースは無いのです。
ただあなたがこの場合と考え、自分に少なからず気になる、又は重なる部分があるのならば、
あなたに合った方法で改良し取り入れてみてください。


おすすめ記事
12完璧で完全なあなた







カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
23位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。