RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 太陰暦の暦HOME > 神話・月・星座 > title - 太陰暦の暦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






太陰暦の暦

太陰暦の暦

旧暦・陰暦ともよばれる暦(こよみ)のお話しです。

現在私たちが使用しているカレンダーのものは太陽暦・新暦と呼ばれ
明治5年に改暦が行われました。

現在は一年が365日であり、四年に一度366日のある、閏年をいれて
暦の調整を行っています。

旧暦である太陰暦は新月~新月までをひと月とし、1月は平均すると約29.5日。

29日の月と30日の月に振り分けられます。
そして、29日になる月を「小の月」、30日になる月を「大の月」といい、これで12ヶ月を1年としていました。

しかし、これで12ヶ月を1年とすると、1年が約355日となり、
太陽の周期に比べ10日ほど短くなってしまいます。
それは暦と実際の季節との間にズレが生まれしまうということ。

これを調整するために閏月がありました。
閏月のある年は、1年が13ヶ月になり、
だいたい3年に1度の割合で閏月を挟むことによって太陽の周期との調整を行っていました。。


Art of Life

もくじ
MENU
お申し込み







1月 睦月
むつき

言葉の由来は 「睦み月(むつみつき)」
新年を親しい人達と親しみ睦み合ういう意味を持つ。
「一年の計は元旦にあり」と年の初めを大切にしたことから。
今の季節に当てはめると2月上旬から3月上旬。

英語圏:January
ローマの「Janus」という神に由来する名前。
この神は、全てのものの「始め」を司っていたので、最初の月として、1月につけたものです。



2月 如月
きさらぎ


由来は多く言われており、
・暖かくなったとはいうものの、まだ寒さ のために服を更に着るので「衣更着」。
・陽気が発達する季節なので「気更来」、または 「息更来」。
・草木の芽が張り出す月なので「草木張り月」。
・田を鋤き畑を打つところ から「鋤凌(すきさらぎ)」
などなど

陽暦では、ほぼ3月から4月頃になります。

英語圏:February  
テン語の「浄みの月」(きよみのつき)である「Febrearius」から。
昔、この月の10日に「罪を浄める祭事」を行ったことに由来します。



3月 弥生
やよい


「風雨改まりて、草木いよいよ生ふるゆえに、いやおひ月といふを謝まれり」が
始めに史実にかかれた「弥生」です。
日本の桜の季節に盛りの桜を楽しみ、散りゆく桜への別れを惜しむ気持ちが含ま れています。
陽暦では大体4月上旬から5月上旬に跨がる頃に相当し ます。

英語圏:March
ローマの軍神「Mars」は、ローマ建国の神として崇拝されていました。
「Mars」にあやかり、この月を気に「躍動しよう」という意味を含んでいます。




4月 卯月
うづき


卯の花が美しく咲く月。一説には稲を植える「植月」という説も。
自然と農耕 が生活や暦と深くかかわってきているのがよく分かります。
陽暦では大体5月上旬から6月上旬。

英語圏:April
ラテン語の「Apri」に由来しています。「地が開く」という意味です。




5月 皐月
さつき


 「小苗月」、「五月雨月」、「早苗月」の略 等との説がありますが、
一番有力なのは早苗月と言われています。
橘の花が咲くので「橘月」、
五月雨(さみだれ)で月を見ることは稀なので「月見ず月」ともいいます。

五月雨は今の梅雨のことであることが見て取れます。
庭木のサツキとの関係は分かりませんが、
多分皐月に咲くのでサツキと名付けたのでしょう。
五月晴れは梅雨の合間の晴れた日をいいますが、
今日一般的には5月の爽やかな薫風の日を呼ぶようになりました。
陽暦では大体6月上旬から7月上旬。

英語圏:May
ローマの女神「Main」の祭日が、この月の1日であったことに由来します。



6月 水無月
みなづき


現在の陽暦での6月は梅雨の時期なので、毎日毎日雨が降り続きますが
陰暦では水の無い月と呼ばれます。
水無月は現在でいう、水不足もある時期である、
大体7月上旬から8月上旬頃のことをさします。

英語圏:June
ローマの女神「Juno」に由来する言葉。
この月に、「Juno」女神の祭日を行ったことから。



7月 文月,
ふみづき


子供達にとって8月は夏休み、海や山が呼ぶ楽しい月です。
その頃にはそこはかとない秋風も吹き初め、
赤トンボがそれに乗り里 まで下ってくるし、いやがうえにも感慨が深くなります。 
文月の語源は「穂含月」「穂見月」とありますが、一般には「文披月」とされてい ます。
意味は七夕のために貸す文をひらくということだそうです。
陽暦では大体8月上旬から9月上旬。

英語圏:July
ローマの英雄「Julius Caesar(シーザー)」が、この月に誕生したことからつけられました。



8月 葉月
はづき


由来の説にいろいろあって「木の葉のもみぢて落つるゆえに、葉落ち月」
「雁が始めてくるので初月、または初来」などあってはっきりしないようです。
陽暦では大体9月上旬から10月上旬に跨がります。

英語圏:August
ローマの英雄「Augustas Caesar」が、この月には毎回戦争で大勝利を収めました。
そのことにちなんで、彼の名がつけられた。



9月 長月
ながつき


語源は夜が長くなるので 「夜長月」。
もう一つは雨が長く降るので「長雨月」。
この頃の長雨を秋霖と呼びま す。
陽暦では大体10月上旬から11月上旬です。

英語圏:September
ローマの古い暦の第7番目「Septem」のこと。英語の「Seven」と同義。
当時の暦は、3月から始まり、10月までしかありませんでした。
3月から数えて、7番目は9月です。
後に、1月と2月が追加された暦になり、7番目ではなく、9番目の9月になったのです。



10月 神無月
かんなづき


俗説に諸国の神様が全員出雲に集まり不在になるので神無月。
もちろん出雲では神在月。
陽暦では大体11月初めから12月初めにかけて。


英語圏:October
「Oct」は「8」で、ローマの古い暦では、8番目の8月であるが、
「September」と同じように、1月と2月が追加され、10番目の10月になったの。



11月 霜月
しもつき


霜が降りはじめ、寒さが厳しくなるの月です。
陽暦では大体12月上旬から1月上旬に相当。

英語圏:November
「Novem」は「9」で、ローマの古い暦では、
9番目の9月であるが、「September」「October」同様、1月と2月が追加され、11番目になりました。



12月 師走
しわす


師(僧侶)も走り回るほどの忙しさである、という意味が語源だと言われています。
別説に一年の終 わりの「為果つ月(しはつつき)」とも言われています。
陽暦では大体1月上旬から2月上旬に当たります。

主題歌:December
「Decem」は「10」で、9月、10月、11月と同様に、順位が二つ下がり、12月になりました。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
6位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。