RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 黄道十二宮HOME > 神話・月・星座 > title - 黄道十二宮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






黄道十二宮

黄道十二宮

私たちの生活に馴染みがある12宮のお話しです
雑誌やテレビなどでよく目にする機会の多い星座について。

12宮にまつわる特徴をお伝えします♪


Art of Life

もくじ
MENU
お申し込み



(画像を表示しての閲覧推奨です)








黄道十二宮

おひつじ座 (牡羊座)3/21~4/19
おうし座 (牡牛座)4/20~5/20
ふたご座 (双子座)5/21~6/21
かに座 (蟹座)6/22~7/22
しし座 (獅子座)7/23~8/22
おとめ座 (乙女座)8/23~9/22
てんびん座 (天秤座)9/23~10/23
さそり座 (蠍座)10/24~11/22
いて座 (射手座)11/23~12/21
やぎ座 (山羊座)12/22~1/19
みずがめ座 (水瓶座)1/20~2/18
うお座 (魚座)2/19~3/20





黄道十二宮
おうどうじゅうにきゅう

私たちの生活にも馴染み深い「星座占い」
実は、占術で使用されている星座は、
実際の星座とはすこし異なるのです。

占星術で使われるのは12星座ではなく「黄道12宮」。

古代バビロニアの学者は、
太陽の軌道をより明確にする為に、
春分点(地球の赤道と太陽の軌道の交点)を起点として
太陽の描く円軌道を正確に30度ずつ12等分し、
それぞれに12星座の名前を付けました。

これが黄道12宮(Zodiac)です。

太陽の軌道を無理やり12等分しているので実は、
実際の星座と12宮とはかなりズレがあります。

しかも、12宮を設定した当時はきちんと牡羊座にあった春分点が、
長い年月をかけて移動し、現在は水瓶座に移ってしまいました。
そのため12星座と12宮のズレはさらに大きくなり、
現在では完全に1星座分ズレているのです。

【12星座】で考えると、
9月23日から10月21日に生まれた人の事を「てんびん座生まれ」と呼びますが、
それは昔は、生まれた時に太陽がてんびん座の位置にあったことを表しています。
ですが、現在ではこの期間に太陽と一緒に回っているのは「おとめ座」です。

一方、【12宮】は春分点を起点としていて、
実際の太陽の背後に何座があろうと関係ないので、てんびん宮の生まれというのは正しいのです。

黄道でみた場合、おとめ座の位置で生まれていても、
春分点を起点にしてみると、てんびん宮になるということですね。





s1.jpg

おひつじ座(牡羊座)
白羊宮 Aries アリエス
3/21~4/19


守護星:火星(Mars)

活動的なエネルギーにあふれ、アクティブに活動することを好む人。
また、とても好奇心が強く、
「冒険をしたい」「ワクワクしたい」と望む気持ちが強い人でもあります。
常に自分の理想とする未来や希望、野心に向かって突き進み、
またそれを達成する力も合わせ持っています。
本質はとても純粋であり、そして恐怖心が他の星よりも少ないという特徴も。
頭の中はいたってシンプル。
知性的ですがあまり複雑にものごとを分析するタイプではありません。
一度信じたものがあると迷わずに突き進むので、
時にやや向こう見ずでもあり、落ちている石に気がつかず、
つまずいてしまうこともよくあります。
実は短気でせっかち。じっとまっているよりも
自らが動き出したいタイプでもあります。


情熱とエネルギーにはち切れそうな、活動の星。

●プラスの意味
情熱的でエネルギッシュであり、勇気を兼ね備えているため、
常に様々なものにチャレンジする傾向にあります。
また決断力や冒険心にも富んでいるため、
リーダーでなくても様々な面で周囲に期待される傾向がある。

○マイナスの意味
軽率、衝動的、あらゆる意味でちょっと短気。
またほかの星の人よりもライバル心が強い面を持ちます。

信じるパワーで思いを実現する





s2.jpg

おうし座(牡牛座)
金牛 Taurus タウラス
4/20~5/20


守護星:金星(Venus)

礼儀正しく、仁義を重んじ、責任感も強いので、
受けた恩は必ず返してくれるタイプ。
感謝の心をもち、本質はとても謙虚な気持ちを持っている人です。

常に穏やかで協調性があり、しかも慎重であることから、
自然に過ごしていれば、さまざまな人からの信頼を得ることができるでしょう。
また節度もあり、慎ましく華やかな美的センスを兼ね備えています。
ただ、表面は穏やかでも、実はかなりの頑固者。
自分の考えを曲げることは滅多になく、
普段は和を大切にして、言いたい事を我慢している分、
怒った時はとっても怖い。
また和を優先するため我慢しすぎてしまう面も多く、
普段は真面目でも一回タガが恥ずれると思いもよらない行動にでることもあります。


「天の愛人」と評される、愛と美と平和をつかさどる星。

●プラスの意味
愛と平和、美と調和をもたらし、精錬された気品を持つ。
また、芸術やロマンス、金銭的な豊かさもこの金星は司ります。
人をひきつける天性の魅力を持ち
華やかなエネルギーを使いこなせば
服装や髪型で大きく印象が変えることができます。

○マイナスの意味
贅沢が好きな面を持つ。
また一度快楽に溺れると、ハマってしまいに不摂生になりやすい。
怠けぐせがつくと、優柔不断になることも。

愛の心を大切に、周囲との調和で花開く




s3.jpg

ふたご座(双子座)
双子宮 Gemini ジェミニ
5/21~6/21


守護星:水星(Mercurius)

基本的に陽気で、おしゃべりが上手という社交的な特徴を持つ人です。
笑顔の似合う人が多く、人を癒す才能を持ち、
双子宮生まれの人がいるだけで、場にポジティブな風が流れ込みます。

そのため自然に過ごしているだけで多くの人と交流する機会に恵まれます。
また知識欲も旺盛で、一度ハマると時間を忘れて熱中するタイプ。
探究心が強く、気になることがあれば、苦労をいとわない芯の強い一面も。
ただ、自分の行為に対して熱中していても、
どこか頭の中は冷静で醒めている部分という二面性を持っています。
その二面性によって心に迷いが生じると優柔普段になり、
断ることが苦手になりやすいため、
八方美人と思われてしまうことがあるかもしれません。


大神ゼウスの使者ヘルメスになぞらえてるため、
情報伝達をつかさどる星とされている。

●プラスの意味
豊富な知識と理論、理解力と表現力をつかさどる多彩な学術の星。
またその豊富な知識を人々に伝えるための、
機知と才能に富み、弁舌も爽やか。
このことから、商才や外交手腕に恵まれているとされます。
人間関係では、特に上司や先輩などに可愛がられる傾向にあります。

○マイナスの意味
気苦労が多く神経質で心配性。
また、言い訳が多くなりがちな一面も。

歓びを胸に、「今」を大切に生きる人




s4.jpg

かに座(蟹座)
巨蟹宮 Cancer キャンサー
6/22~7/22


守護星:月(Luna)

強い母性本能を持ち、保護欲・庇護欲が豊富にあります。
男性も女性も、非常に家庭を大切にする人物となります。
また、感受性が非常に豊かで、
人の細かな気持ちの動きを察知することができ、
無意識とも言えるほど自然と気配りを行っていることが多くあります。

理想と現実のバランスをほどよく理解している人が多いでしょう。
その優れたバランス感覚によって、
どんな環境でも、ある程度受け入れることができる才能があります。
様々な人の意見を聞き、取り入れているため、
ときに、発言の真意がわからなくなることもあります。
困っている人をほおっておくことができず、ついつい必要以上に優しくしてしまい
情が写ってしまうと、移り気な浮気性と思われてしまうことも。

太陽が大いなる父性であるのに対し、母性を代表するとされる天体。
いかなる時代の占星術でも、月はロマンチックなものとされています。

●プラスの意味
感受性と想像力に満ちた、繊細でロマンチックな独特の感性を持ちます。
保護心と記憶力が高いため、思いやりにあふれた奉仕の人とも言われます。
また、旅行や転機をつかさどるとも言われめぐり合わせや引き寄せの力も強い。

○マイナスの意味
気まぐれで移り気。また、依存心が強く、
太陽とは違った意味でちょっと自己中心的。
太陽が他者の意向を無視して横暴であるのに対して、
月は失敗を他人のせいにする傾向があります。


奉仕の心を持つ、穏やかな癒しの人




s5.jpg

しし座(獅子座)
獅子宮 Leo レオ
7/23~8/22


守護星:太陽(Sol)

人の輪の中心にいる存在で、とても存在感があります。
行動や言葉には、人を自然にひきつけるカリスマ性を持っています。
お祭りや宴会ごとが好きな人が多いです。
義侠心も強く誇り高いので、親分肌の人として
特に年下や部下に信頼を強く置かれることが多いでしょう。

また、ドラマチックでロマンチストな一面も持ち、
結果や過程意外にも、シチュエーションを大切にし、時には自ら演出します。
ただ、プライドの高さや権力や階級などを気にすることがあり
少しわがままな一面があります。
人に悩みを相談することが苦手なため、
善意からの行動でも自己中心的と受け取られることもあります。

12惑星を束ねる主の星。
生命力や活力を与える星である。
12惑星唯一の恒星のためその言動が注目されることが多い。

●プラスの意味
バイタリティーと活力にあふれています。
一度決めたらどんな困難な道でも立ち向かっていく勇敢な心を本質に持ちます。
また、強固な意志と独立心、向上心に満ちていることから、
栄光と名声、それに伴う威厳がもたらされている生まれながらの王者の星ともいわれます。
常に正直で真っ直ぐ。そして弱者に対して慈悲深い。

○マイナスの意味
独立心と意思が強すぎるため、わがままや態度が大きいと受け取られうことも。
言動に強いエネルギーを持ち存在感もありすぎるため、言われない非難を受け
他人の責任や尻拭いを押し付けられてしまいがち。

誇り高く、自分自身の信念を貫き、達成する



s6.jpg

おとめ座(乙女座)
処女宮 Virgo ヴァルゴ
8/23~9/22


守護星:水星(Mercurius)

生まれながらに勉強家で、
高い知性と教養を身に着けています。
細かな部分にもよく気付き、細やかで繊細な気遣いを行うことができます。
不正やずさんとはあまり相いれず、気高い心を持ち合わせているでしょう。
好みに強いこだわりを持ち、物事を選ぶ基準の高い位置に
自分自身の気に入ることを優先順位として考えることが多い。
また、自分自身の気持ちを大切にし、周囲とその気持ちを共有することを
とても大切に扱う星でもあります。

ただ、少しデリケートな面があり、
一度傷つくとなかなか立ち直ることができないことも。
感情表現が苦手なため、思いつめるとついヒステリックになってしまいがち。
理解できないと感じる相手を遠ざける傾向にあるため、
周囲のコミュニティーが広がりにくいないこともある。 


大神ゼウスの使者ヘルメスになぞらえてるため、情報伝達をつかさどる星とされている。

●プラスの意味
豊富な知識と理論、理解力と表現力をつかさどる学術の星。
またその豊富な知識を人々に伝えるための、
機知と才能に富み、弁舌も爽やか。
このことから、商才や外交手腕に恵まれているとされる。
人間関係では特に上司や先輩などに可愛がられる傾向にあります。

○マイナスの意味
気苦労が多く神経質で心配性。
また、言い訳が多くなりがちな一面も


個性を大切にし、ものごとを見通す力を持つ。




s7.jpg

てんびん座(天秤座)
天秤宮 Libra ライブラ
9/23~10/23



守護星:金星(Venus)

優雅で礼儀正しく、品位と調和を大切にする人格者タイプ。
理性と感情のバランスがとれており、いつも落ち着いて物事に取り組むタイプでもあります。
精錬された美意識を持ち、常に公平な態度を貫く良識ある人と思われている。
そして「他者」という意識をとても大切に扱う人でもあります。
人に見られた自分や、自分自身が周囲へ与える影響を深く考え
常に意識しているためにその感覚を味方につけると
誰よりもスマートで洗礼されたスタイリッシュな人となるでしょう。

また身なりや言動や思考に至ってまでも気を使っている人が多い星。
反面、貧相に見えることや信用ならないものを極端に嫌い遠ざけつことも。
また、自分の好きな事には熱中するものの、
嫌いなことは怠ける癖もたびたび見られるようです。


「天の愛人」と評される、愛と美と平和をつかさどる星。

●プラスの意味
愛と平和、美と調和をもたらし、精錬された気品を持つ。
また、芸術やロマンス、金銭的な豊かさもこの金星は司る。
人をひきつける天性の魅力を持ち
華やかなエネルギーを使いこなせば
服装や髪型で大きく印象が変えることができます。

○マイナスの意味
贅沢な面を持つ。
また一度快楽に溺れると、ハマってしまいに不摂生になりやすい。
怠けぐせがつくと、優柔不断になることも。


穏やかで洗礼された審美眼を持つ人




s8.jpg

さそり座(蠍座)
天蝎宮 Scorpio スコーピオ
10/24~11/22


守護星:冥王星(Pluto)


白羊宮が外に向かってほとばしるエネルギーを持っているのに対し、
内に秘めたるエネルギーに関しては全星座中もっとも大きいものがある。
研究心や探求心がとても旺盛で、裏面を見通す洞察力にも優れており、
忍耐力もあることから、学者や医師として
一芸に秀でた素晴らしい業績を残す可能性も秘めている。

またチャンスを見抜く洞察力や直感力もとても鋭く、
持ち前の感性で大きなチャンスを掴み、
賭けのような行動で成功することがある。
しかし、あまり気遣いは得意ではないことが多く、
極端な秘密主義であったり、
大切なことを言葉にして伝えていなかったりと
上手な人間関係を築く事ができないことが多々ある。


地球からいちばん遠く、
すべてのはじまりと終わりを司る星とされている。


●プラスの意味
終焉のあとにはじまり、再建や再出発をつかさどっている。
また、秘密や、秘密に対する洞察力なども、この星の範疇にある。
じっくりと長く腰を据えて物事を見通す力を持つ。
全体像や真意を理解する力に長けているため
一手先を読むことができる。


○マイナスの意味
鋭い洞察力が、執拗、変質的、執着ととられることも。
言葉によるコミュニケーションがどこかずれている。

探究心を追い求め、高みへ導く人



s9.jpg

いて座(射手座)
人馬宮 Sagittarius サジタリアス
11/23~12/21


守護星:木星(Juppiter)

開放的で楽天的な、陽気で自由にあふれる人物。
情熱的なうえ、器用でスピーディーなので一度始めればどんなことでも
大抵やりこなしてしまう才能を持ちます。
飲み込みが早く、コツをつかむまでのスピードがとても早い。
また人に好かれることも得意とし、
口数が少なくとも的確なアドバイスや受け答えができるでしょう。
また、さっぱりとして清潔感のある印象を人々に与えることができます。
ただ、興味の対象が非常に多いため移り気で、
熱しやすく冷めやすい人。
また、大胆不敵かと思えば妙に小心だったり、
無頓着なようで神経質だったりと、二重人格なタイプでもあります。


大神ゼウスの星であり、幸運と善の気質に満ちあふれるとされる恵まれた天体である。

●プラスの意味
この星のあるところ幸運と成功があり、
発展と拡大、生産と膨張をもたらしてくれる。
運がよく、また本人次第では思いもよらない出世をする。
また、大いなる善の星でもあり、
正直と寛大、楽観性や慈悲心などもつかさどっている。

○マイナスの意味
必要以上にぜいたく。ちょっと自信過剰で見栄っ張り。
実は深く考えていない無頓着なだけだったりもする。

風を掴み、物事の大運の中心となる




s10.jpg

やぎ座(山羊座)
磨羯宮 Capricorn カプリコーン
12/22~1/19


守護星:土星(Saturnus)

顕実で実直、慎重な努力の人。
成功への意欲が人一倍強いが、危険な冒険や無謀なチャレンジをしたりせず、
地道に努力を重ね地盤を固めることを得意とします。
時間はかかっても必ず目標に達成することができる人。
典型的な大器晩成型の特質を持つ人でもあります。

またとても強いこだわりを持ち、飽きることなく
何度でも挑戦する忍耐強さも兼ね合わせています。
需要と供給が合致すると、革命とも言えるほどの
大きな偉業を成し遂げることができるでしょう。
反面、「ド」がつくほど真面目で、交友関係がごく限られたものになってしまいがち。
また、自分が納得するまでは一つのことにこだわるので柔軟で日和見な考えを苦手とし、
目の前にあるチャンスを棒に振ってしまうこともあります。


不遇の星とされているが、同時に「最後に笑う星」ともいわれている。

●プラスの意味
責任感が強く、勤勉で、忍耐力、計画性を持つ。
実務能力も抜群の、真面目で実直を絵に描いたような人柄をつくりだす。
凝り性でこだわりが強く、人々を驚かほど高い技術を習得することができる。
まっすぐに素直で、コツコツと積み重ねる努力をいとわないため
協力者が現れることで運気に飛躍をもたらす。

○マイナスの意味
目的を達成するまで自ら制限を設けるなどの過度のストイックさを持つ。
制限が行き過ぎると、卑屈な人格になりやすい。
また、不幸、不運、タイミングを逃すといわれている。

一点にエネルギーを注ぎ、使命を全うする



s11.jpg

みずがめ座(水瓶座)
宝瓶宮 Aquarius アクエリアス
1/20~2/18


守護星:天王星(Uranus)

世間や常識などの因習にとらわれることなく、
とても独創的で発明の才能を発揮することができる人。
独特の感性と視点を持ち、多分に新しいアイデアを生み出していきます。
楽しいことや、自由であることをとても大切にし、
型にはめられると、窮屈に感じて飛び出してしまう奔放さも。

あらゆる事を広いマクロの視点でとらえることができるため、
思考が硬直することなく、広い視野で自分なりの考えを持ち、
愉快な人生を構築することができる。
ただ、視点が高過ぎるため、細かなミクロの視野をみることができず、
時間や金銭的にもルーズである。
また、その独創性が理解されなければ、
単なる変わり者で終わってしまうことになります。

産業革命の時代に発見されたため、機械の発展に寄与するような、
進取の性を与えられた星である。

●プラスの意味
独創性、発明の才能、進歩性など、ものを新しく作り出す優れた創造力が発揮できる。
また、自由と改革、変化、エキセントリックなものなど、
現状を打破し、新しい未来を築き上げる力をつかさどっている。
絶えず変化し、そして常に歓びの中心にいることのできる人。

○マイナスの意味
その独自性は保守的な立場の人々からみれば、
異常者や異端児であり、反逆と捉えられることも。
また、その新しさゆえ、理解が得られにくく常に孤独、流浪などがつきまとう。

笑いながら時代の先を生きる人




s12.jpg

うお座(魚座)
双魚宮 Pisces ピスケス
2/19~3/20


守護星:海王星(Neptune)

心やさしく、慈悲深く、豊かで情緒にあふれている。
基本的に優しく、言葉や行動だけではない深い慈悲の心を持ちます。
時に、人にものを頼まれると断ることができないという性格で、
人の為に努力や歩み寄りをすることも厭わないでしょう。
人を持て成したり、育てたりということが好きでサービス精神がとても旺盛です。
物質的な豊かさよりも、経験や出会いなど精神的に満たされることを重視しています。
また、幻想的なものや伝統的なもの、
美しいものに対する感性もかなり研ぎ澄まされている。
ただ、感性が豊か過ぎるため、あらゆるものに陶酔してしまいがち。
時に美しいものに憧れながら、醜く汚く堕ちてみたいという欲求があるなど、
アンバランスな一面を持つことも。

人に与えられた第六感、「霊感」をつかさどる星であるとされている。
想像力や直感力、潜在意識、情緒、など、人間の精神部分を大きくつかさどる星。

●プラスの意味
するどい感性を持ち、カンが強く雰囲気から
相手の気持ちを察するなどの能力を持つ人が多いと言われています。
物事の奥に存在する美しさを見つけ、それを求める傾向があります。
独自の美学を持ち、常にそれを重要に扱っています。
また、敏感な知覚をもつため、
ある種の芸術に関する秀でた才能を与えることもある。
透視能力をつかさどるとされている。

○マイナスの意味
実体がなく不安定であり、芯を見失いがち。
また、この星のつかさどるものの源はすべて混沌であり、
意義混濁、幻覚、精神錯乱、中毒症状などに陥りやすい。


魅力的な人柄で、周囲に愛を伝える人
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。