RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 心の扉について ③HOME > 心の扉 > title - 心の扉について ③

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






心の扉について ③

Mです☆
本日で心の扉シリーズ③個目です☆    

前回は心の扉ができる理由を書いてみたんですけど、
今回は扉の役割のお話し☆

扉はなんかショックなことがあってできたキズを隠しているわけですけども、

傷に対する対処方法って、
二個しかないわけです。

治すか

治せるまで待つか



そして、治せないときに扉ができるんですね。
生傷があったら生活ができませんね。

ほんとは、治したい!
わかってる!わかってるけど、治せない!!


というときにとりあえず扉を作って守るんです。

だから扉は悪いものではなくて、
その時に、自分にできる最大の防衛術なのです。

でも、厄介なことにお部屋の掃除でもそうだけど
後回しにしたことってめんどくさくなるじゃないですか。
めんどくさいことって、どんどんどんどんあと回しにするじゃないですか。

そして後回しにしてるあいだに大変な大きさになっちゃったり、
なんで隠したのか最初の目的も忘れてしまったりするんですよ。

でも扉だけは、

守らねば!このキズは守り抜かなければ!!

ってがんばってるんです。

だからちょっとでも扉に手をかけるようなことがあれば、
全力で守るために時に攻撃もします。

ムカつく・悲しくなる・苦手意識・嫌悪感

こんなものを扉に触ってきた相手に向けます。

これによってさらに問題はややこしくなっちゃうんです。

扉を作った本人が、扉に
「もういいよ、守ってくれてありがとう。ちゃんと癒すから大丈夫だよ。」

っていってくれるまで扉は頑張ります。
任務を終えたら扉くんは自分の中に還っていきます。

そしたらあとは、キズを癒すだけですね。

あなたの中に眠る異常な敵意やネガティブ思考があるとすれば、
それはそれだけ扉くんが頑張ってくれてるのかもしれません。

なんか扉、可愛いでしょ?
自分って、とても可愛らしいものなんです。


癒せなかったのは過去のことです。
人は誰しも変化してますから、
今、扉の中のキズに気づいたらそれはもう癒す準備ができてるってことです。

最後のひと押しは、もうあなたの勇気と自分を癒したい!という心にかかっているわけですね。

自分を癒すために必要なのは、
自分を愛してあげる覚悟と勇気なのです☆

ちなみに、心の扉は必ずしも癒さなくてはいけないというものではありません。

扉はないとできない経験、扉がないと出来る経験

どちらも大切なあなたにしかできない経験なのですヽ(*´∀`)ノ


目次
MENU
お申し込み






カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
6位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。