RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 82.無限のスパイラルに嵌り、脱出する時HOME > 第三章 本質 > title - 82.無限のスパイラルに嵌り、脱出する時

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






82.無限のスパイラルに嵌り、脱出する時


思考と感情の海に沈むとき、
あなたは劣等感に苛まされていることでしょう。
ですがそれは本当に必要なことでしょうか?
あなたの劣等感は誰と比べるものでしょうか?

本来比べる相手は無く、あなたが作り出しているものなのです。

自分自身の物差しで何かを計り、
天秤にかけ調査したところで、本当のことは見えないでしょう。
それはただ一点を見続けたとこにしかならず、本当は多面的なものなのです。

あなたが見続けるべきものは、そこではなく、
むしろもっと広く視野のある面をみることなのです。
多面的なそのものは測ることは出来ず、
比べる必要も無いことを示しています。

あなたが比べる行為をやめた時、
自由になっているのはあなたのマインドでしょう。
あなたが気が付くべきことは、人は測れるものではないとわかることです。
あなたのマインドは何時でも自由になれるでしょう。





人は一度は、誰かを羨んだり、憎んだり、するものでしょう。

それも一つの思考です。
悪口だって、文句だって、時には言いますよね。

そういえば、人間同士が連帯感を作るのに、
敵がいるのはとっても効率的ことなんだそうです。
敵がいて、みんなで立ち向かうとすごく連帯感が生まれるそうですよ。


と、いうことは、連帯感を感じられない=孤独だ
と思うときに、人は敵を作り出しやすいということですね。

敵って、絶対に分かり合えない存在ですよね。
絶対に分かり合えない存在ってどんな人でしょうか。
きっと自分とは、どこかが全く違うと感じる人でしょう。


上記のような思考(自分と違う部分)を比べて、
優越をつけても、優越っていうものはすごーく曖昧で
見る人によれば変わるし、
時代や国、社会でも変わります。

その狭いカテゴリーの中での優越に、意味を見出すのもまた一つの思考でしょう。
その思考のままでいる間は、考えなくていいので楽チンです。
同じような思考の人とも、連帯感が生まれて、楽しいかもしれません。


でも、羨んだり、憎んだりして
あなたの中の何かが思い通りになるわけではありませんよね。

もし他者の何かに不満があると感じるなら、
あなたはもしかしたら、心のどこかに孤独を感じているのかもしれません。
さみしさの裏返し、ってやつですね。

他人と自分を比べて、孤独は埋まるのでしょうか。
本来あなたが望むのが、連帯感であるならば
他にもたくさん連帯感を感じる手段は探してみればあるものです。

あなたの本心は、何を望んでいるのでしょう。


RoJzBGWTPEhq4Ze1392570467_1392570558.jpg


目次
MENU
お申し込み






カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
19位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。