RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 41.言葉の付属品とはマインドの言葉HOME > 第二章 内観 > title - 41.言葉の付属品とはマインドの言葉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






41.言葉の付属品とはマインドの言葉

(講座案内リンク先はこちら

去年はたくさんの言葉を綴ってきましたが、あなたはどのように受け取ってきたでしょうか。

私の言葉を見聞きし、それぞれの解釈が加わる今、
あなたのマインドで言語や解釈が付け加えられて伝わっているかもしれませんが、
私たちが言ってることは常にシンプルなことです。

私がどのように言ったか、ではなく、
あなたのマインドでどのように言われたのかを見直してもいいかもしれません。
どのような言葉に付加価値をつけたのか、疑問を抱いたのか、考え込んだのか。
それぞれにヒントがあなたの頭に浮かんでくるでしょう。

そのヒントという言葉は、あなたが思い出した言葉にあります。
何故それが気になりますか?思い出したのでしょう。


あなたはその言葉に何を思いますか?




言葉は時に
正義と悪、
白と黒
などの対局が別々に存在しているかのように見えることがあります。

そんなわかりやすいジャッジができる世の中ならば、私たちは悩む必要はありません。

この世界には矛盾があふれています。
矛盾がないものは存在せず、確定するものも、保証も存在しません。

いろんな要素が言葉には混ざっています。

同じ言葉でも、発する人の表情と、受け取る人の心情が違えば
全く別の言葉として受け取るような現象が起きたりするのです。

様々な解釈が人の数ほどできるように、上手くなっているんですね。


何か言葉をあなたが聞いたら、あなたはその相手の気持ちを
100%すべて理解できないということを認識していますか?

多少同調することができるかもしれません。
しかしあなたと同じ経験、体験をする人はこの世界にひとりもいないので
同様に、あなたも他人と同じ経験はできません。
それまでに積み重ねてきたものも、その瞬間の気持ちも、注目しているものも違うので
似たような経験はできますが、同じ経験はすることができません。

私たちは自分の解釈で、おそらくこうであろう。と脳内補完しているんですね。

それがずれていようが、あっていようが、それは結果論ですので、
あなたがある言葉を聞いて、どう思ったか。

どううけとり、何を感じたのでしょう。

複雑に考える必要はありません。

言葉はあなたのマインドを引き出す誘導者のようなもの。
良くも悪くも、心踊る言葉があるとすれば、
あなたのマインドは、何を訴えているのでしょうか。

eOhvTBkjig7Emwd1386830701_1386830842.jpg

目次
MENU
お申し込み






カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。