RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 潜在意識と顕在意識④HOME > 宇宙の法則・他 > title - 潜在意識と顕在意識④

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






潜在意識と顕在意識④

潜在意識と顕在意識     
全ての人が、想い通りの人生を歩んでいると先日③に書きました。
(望み通りとは違います。)

これはどういうことでしょうか?
例えば、闘病や、流産の経験をしたことがあります。
上記のような体験、
これらは、自分がやりたくてやったのかって話になるんですが、

そうです。
そうなんです。


正確には自分の潜在意識が、やってたわけですね。
潜在意識はただの図書館です。

善悪の判断はありません。
決断もしません。
yes か no しかないんですね。
その現象を 起こす  起こさない かのどちらかしか決めません。例えば転んでも、転ぶか転ばないかを決めるだけで、
転んだから 最悪、痛い、かっこわるい なんていう判断は顕在意識がするんです。


意味を見つけるのは顕在意識の役目なんですね。

私が上記のような状態から脱したのは、【手放せた】から。

何をしたか簡単にいうと、病気は治すのをやめました。
一度100%現実を認めちゃったんですね。
そしたら楽になって、病気は勝手に変化していくし、
もう100%認識したらすごいんですよ。
だってもう足掻く必要なくなるからね!
これが世の中でいう、「今を生きる」ってやつですかね。

終わらせられない理由はいろいろあります。

「私なんてこれぐらいがお似合い・・・・(自虐)」
「人のせいだからしかたない・・・(責任転嫁)」
「私はこういう人だから・・・(決めつけ)」
「あの時ああしたから・・・(後悔)」
「あの時こうしなかったから・・・(未練)」
「今はたまたまこうなっちゃっただけだから・・・(放棄)」


「私は○○だからしかたない。」って状態ですね。

暗に「本当はこんなはずじゃなかった」というように認めてないんです。


こういう時は、なぜこんなはずじゃなかったのか、考えて学んでみるといいかもしれませんね。

学びは辛いと思われがちですが、そんなことないです。
自分が何をするために学んでいるかを把握すれば、乗り越えられます。

何をするのか全くわからないまま、
ただつまづき続けていたらそれはそれは辛いでしょう。
先も見えないでしょう。

自分が何をするか、なんのために生まれて、なんのために生きているのか。


わからなかったら体当たりでつまづきまくるのも、
逃げ出すのも、戦うのもなんでもありです。

それも学びであり経験です。


目次
MENU
お申し込み






カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。