RSS  全記事  管理者用

HOME > スポンサー広告 > title - 4.2 何を真実と捉えるんだろうHOME > 第一章 あなたへ > title - 4.2 何を真実と捉えるんだろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






4.2 何を真実と捉えるんだろう


あなたにとっての真実とは何ですか?
いわゆる核という部分です。
これだけは譲れない信念ともいうべきものでしょうか。

一度それを手放す気はありませんか?
~は絶対だという思いが強すぎて、何故その思いに囚われたのか、
そのもの事態をよく理解していないって事もあるんですよ。
それがあなたの常識という部分かもしれません。

一度手放せば、いかにそれに束縛されていたのかがわかると思います。
自分をらくにしてあげられるのも、縛るのもあなた自身です。

この世は物質世界、この世界に生まれるということは自ら制限を掛けたようなものです。
そんな世界に生まれた私達は、自ら再び制限を解くことも、可能です。





(Rさんいかついこと書くなあ。笑)


真実・本質・核・中心・軸…
何か自分の深い部分を表す言葉はたくさんあるものですね。


あなたの中にどかっと腰を据えて、真ん中に鎮座する何かが、ありますか?

あるならすこしイメージの世界にお付き合いください。

それは硬いでしょうか。柔らかいでしょうか。ふわっとしてますか?もちっとしてますか?
色とか、わかります?何色かな?

ちょっと胸に手を当ててイメージしてみてください。



どうでしょうか。



更にじっくりと観察してみましょう。

何か感じることができますか?


辛くなってきますか?苦しくなってきますか?それとも嬉しくなってきますか?暖かいですか?幸せな感じですか?


きっとその感覚は人によって違うでしょう。




では、その感覚がパッ!となくなってしまったら、あなたはどうなりますか?


虚無になりますか?焦りますか?不安になりますか?楽しくなってきますか?何か先ほどとが変わってしまいますか?


深呼吸を一回してみましょう。

もしなくなったとしても、その感覚は「中心にしかありえないもの」なのでしょうか?

なくなってしまったら、あなたの中のどこにも存在していませんか?


最初に感じた感覚を想い出して、探してみましょう。

すぐに見つけられなくても、きっと他の部分にも存在しています。

ゆっくり、探して、思い出してみてください。


あなたの中に「中心にしかありえないもの」は存在しません。

そう思い込んでしまっただけなのです。

中心にもっていた、ということはあなたの全細胞の中に存在しているのと同じことです。


きっとなくなっても、あなたは何も変わらない。
無理して守らなくても、あるいは消そうとしなくても、大丈夫です。
経験はなくならない。あなたの想いはなくならない。
一度感じることができたなら、必ず再現することは可能です。
逆に再現することができるなら、いつでも消すことすら可能です。


力を抜いて、ゆっくりと深呼吸して、あなたの中心の気持ちが、

中心だけでなく全身に存在していることを感じてみましょう。





これが制限を外すってことですね☆



oK0Vj9AcjxCpp6Y1379218111_1379218409.jpg

目次
MENU
お申し込み






カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
23位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。