RSS  全記事  管理者用

HOME > ARCHIVE - 2014年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ブログ暫く休みます

ArtofLifeをご覧になってくださっている方へ
いつもありがとうございます。

この度ArtofLifeは暫くの間、休載させていただきます。
再開は年始を予定しております。
それまでの期間の間にも、記事をアップさせることがあるかもしれません。

コンテンツ共々今後も宜しくお願いします。

ArtofLife






スポンサーサイト

15 罪悪感とは何なのか


罪悪感とはあなたを縛るためのものではありません。
あなたを縛るものはあなた自身が決めた時によるものです。

あなたがあなたの自由を尊重し、手放す勇気を持つことで起こります。
罪悪感はあなたのほんの一部に過ぎず、
あなた自身を解放へ導くための手段の一つになります。

信号機があるとすれば、
その点滅によってあなたがどのような状態かを知らせていると思ってください。

あなたが許可を与えれば、いつでも自由になれる。その意志を信じてください。



やってはいけないこと、やっていいことというカテゴリーは本来存在しません。
やらなくてはいけないこと、やらなくていいことというカテゴリーも本来は存在しません。

しかし私たちは物事を捉えるとき、ややこしくかんがえてしまうもの。

やったほうがいいけれどやりたくないこと、とかね(笑)

そのような義務の意識に縛られるとき、私たちは無意識に罪悪感を抱いているものです。
気付かぬうちに、悪いな。申し訳ないな。という気持ちが働くと、
NOということは難しい。
自分を犠牲にしてしまうことになります。

あなたの価値基準を、
「やりたいこと」と「やりたくないこと」というシンプルな思考でとらえてみませんか?
やりたいことをすると、達成できないものがあるのでしょうか。

あなたは何をやりたいですか?
犠牲になってまで、隠す思いはなんでしょうか。

おすすめ記事
15あなたと一生付き合う者あなた







14 罪悪感とは

チャネリングメッセージ 

あなたが罪悪感を得るとき、どのような想いが支配していますか?
あなたの罪悪感はその時必要なものでしょうか。
あなたの罪悪感によってもたらされる行為は、その人が望むものですか?

もしも違うのならば、それを選択する必要はありません。
罪悪感を背負って欲しい人は、あなたを憎み、妬み、支配したいと願っている人でしょう。
それを背負って何になりますか?

罪を背負うようにあなたが罪悪感を背負いたいと、自ら願うのであればそれも一つの選択です。
ですが選択した事によって、何を生み出せますか?

罪悪感とは防御本能と、制御本能が交じり合ったものでしょう。
あなたを生み出す原動力を奪うものになり、あなたがそれを選択する事によって、
何を選択から逃れたいですか?

自ら動く原動力を消費させたように思えても、それは奪うことから程遠く、増長させるように奥に仕舞い込んでいるのです。
何を発散させ、生み出す力を奪うかは、本来出来ないことです。

罪悪感を纏い生きていくのは容易ではありません。
そこに纏う程のエネルギーをあなたは用しているのです。

罪悪感を解放し、あなたの現実的な力を引き寄せ、活動的になりましょう。
生み出すこと(行動)とは、素晴らしいものです。
恐れる必要はありません。


おすすめ記事
14短気は宇宙と調和しない







13 罪悪感についてのブロック

1.かっこ悪いことをしたくない
恋心を抱くと、人は自分をよく見せようと考えます。
ありのままの自分より、少しだけ背伸びをしてみたくなるものです。
そしてその状態は、少しでもかっこ悪いことを減らして自分を高めていこうとします。
そのためかっこ悪い自分自身を隠して普段より大げさな振る舞いをしてしまいがちです。

昨日登場したジョンの場合、
おそらく彼の思うかっこよさは、強さや、男らしさの意識がちょっと偏っているんでしょうね。


2.人目が気になる
「こう見せたい自分自身像」というものに相手と自分を当てはめてみるとき、
人は強烈に自己の振る舞いを意識してぎこちなくなります。
自然体と余裕とかけ離れた状態になると、人はつい不機嫌なふりをしてしまうもの。


3.注目を浴びたい(注意を引きたい)
自己の振る舞いを意識することによって、それが「合っている」かどうか確認をしたくなるものです。
変ではないか、自分自身は思った通りに見えているか。
確認をするために大げさな行動をとって、人目を引こうとします。

4.「どうすればいいかわからない」と素直に言えない
本来のイメージしている行動うと「今」がかけ離れていると気づいたとき、
素直に道を正すことができない場合があります。
意地や、プライドによってわからないことを認められないものです。
失敗や負けの概念がある場合、その気持ちはさらに大きくなります。

5.自分の気持ちを隠したい
自分自身の中に、焦りや不安、悲しみが大きくなるとき、人は心とは裏腹な行動をするものです。
強がりとも言えますね。上記のブロックは主に他者を意識していましたが、
このブロックは自分自身に大きく発動します。
自分にも嘘をついている状態です。


本来は優しさは弱さではなく、傲慢さは強さではありませんし、
究極に言えばかっこいいこともかっこ悪いこともないものです。
女の子と仲良くすることを目的としているはずなのに、
いつの間にか、自分の思うかっこいい男を演出する舞台にジョンは立っています。
自分が自意識過剰な行いをしていると、している本人が一番気付くものです。
更にその気持ちを隠すために余計に自意識過剰になってしまう。
悪いなぁ、申し訳ないなぁ。
素直に言えない気持ちが罪悪感となって、より自意識過剰な行動をとっていきます。

その舞台から降りることは、ジョンにしかできないのです。



おすすめ記事
13あなたの喜びは何で決まる?







12 親切から生まれる罪悪感

前回の続きです。前回のリンク先はこちら

最初にジョンという男の子がいました。
その男の子は女の子が好きでした。
その子が居ると胸が高鳴り、優しくしたいのに意地悪をしてしまう。
そんな彼女は男の子にも優しく接し、人気もある子でした。
男の子は思います、こんな自分に価値はなく、どうしてこんな僕に優しくするんだと。
僕は自分の罪悪感、劣等感からも苛まされることになるでしょう。

僕はなんで優しくできないんだろう・・・。



誰でもこのような感情を受ける場合があるでしょう。それはあなたに限ったことではありません。
これは例文ですが、物の貸し借りでも相手が自分より少し多めに自分に取って良い物を持ってきたとします。
そこであなたは自分と同じもの、量ではない事に罪悪感を覚えるケースもあるでしょう。

罪悪感はこんな場合から多くの状態で生み出されるものです。
感情の一部ですからね。

ここで彼らのやり取りで、ブロックという部分がいくつか見えてきます。
あなたにはこれがわかりますか?

勿論これは質問や答え合わせを行うところではありません。
ケースバイケースという状態であり、人やその方の情報、心理、行動などあらゆる部分から想定し、内観を行いますので、
あなたの場合に当てはまる場合もあれば、その逆もあるということ。
その上で考えてみてください。

私達が行う内観は相手に合った内観なので、同じケースは無いのです。
ただあなたがこの場合と考え、自分に少なからず気になる、又は重なる部分があるのならば、
あなたに合った方法で改良し取り入れてみてください。


おすすめ記事
12完璧で完全なあなた







11 感情によって生み出される行動

皆さんが感情によって行動を変化させている事を知っています。

自分自身の感情を振り返るとき、
感情とは厄介なもので、どうにか自分の思い通りにしたい、
喜びや愛、ワクワクとした感情を元に動きたいと、望んでいることでしょう。

そのような時、どうやったら感情をコントロールし、
より良い感情のままで動き、活動的になるかに意識を置かれるかと思います。

しかし元々感情とは、コントロールし、思いのままする道具ではないのです。
ただ、あなたの意志を尊重し、自分の感情のまま表現すること。

常にあなたの望む愛の状態であることがベストと言えるでしょう。
感情とは、あなたを表現するツールの一つです。
あなた自身と言う状態を楽しんでください。

感情とは・・・・罪悪感編

過去、あなたにとって罪悪感とはどのようなものでしたか?

罪悪感という感情が起こるケースは様々と言って良いでしょう。
罪悪感は物の貸し借り、受け渡し、交換、物販、想いの感情。
様々な状態で簡単に湧き上がってくるものでしょう。

一番湧き上がりやすい状態は、人の親切によって生み出される「悪いなぁ・・・。」そのような感情から始まったのではありませんか?

悪いなぁ・・・それはあなたが相手に対して思う感情が、溜まりにたまった状態から、殺人などの幅広く行われる状態です。

私達が今回テーマとして伝えたい状態は、人の親切から生み出される罪悪感ということにしましょう。
この一週間はそれがテーマです。どうぞ、お付き合いください。

本題は明日発表しますので、その間今まであったあなたの出来事と向き合っていただけると幸いです。


おすすめ記事
こころは鏡リスト
11することに失敗はない







チャネリング講座について

ArtofLifeチャネリング講座

11004076455.jpg


 可能性の扉を開く


「あなたは人生に疑問を感じたことはありませんか?」
その一つのガイドラインとして、あなたの事を知る機会が訪れています。
あなたの道を歩むためのメッセージを、あなた自身へ贈るために、
光の高次元が様々なサポートを施してくれるでしょう。

あなた自身の可能性とチャンスを、チャネリングを通じて、あなたが与えてください。




チャネリングとはあなたの可能性を開くための、新たな情報を引き出す能力の事になります。
あなたが本来持てる力を出した上で、その可能性の中で開く道のりの中で、
思いもよらないチャンスと可能性が開かれるでしょう。

それはあなたが変化を受け入れる器があり、その器の中で変容の時を向かえて来ています。
変容はあなたが本来歩く道のりの支援を行うための、一つのアドバイスになります。
あなたが愛の波動と寄り添う秩序の中で、
あなたらしく生きる知恵を授けられます。

あなたの直感がさえ、これで良いのだという自己本能と受容が向上し、
自分自身を受け入れるきっかけにもなるでしょう。


愛を受け入れるために恐れと向き合う必要はありません。
あなたが自然に受け入れられるように、サポートされるでしょう。

あなたの愛を受け入れる一歩となるために、この扉を開いてみませんか?


 愛を受け取り受容しましょう。


チャネリングは本来誰にでも備わっている技術の一つです。
その回路を開くための講座を始めたいと思います。

あなたがその回路を開き、高次元の様々なメッセージを受け取れるようにサポートします。
この講座はチャネリング技術の他に、あなたがあなたらしくいられるための知恵と、
チャネリングの知恵と意味、そして生まれた技術の再構築として、技術の他に骨格の部分、
つまりチャネリングの極意をお伝えしています。

チャネリングとは何故あるのか。それをどのように使えば良いのか。
あなたのより良いサポートを受け入れるための活きた知恵がここにあります。
あなたの生きかたを受け入れ、あなたらしい道のりを開拓していきましょう。

あなたの人生はあなただけの人生です。
より多くの恵みが降り注ぎますように


こんな人におすすめ
チャネリングに興味がある
チャネリング能力を開花させたい
愛を受け取りたい
選択肢を増やしたい
感性を磨きたい
学びを促進させたい
あなた自身を知りたい
高次元を体感したい


講座内容

本ワークにおける心構え
プライバシーポリシー・キャンセルポリシー
参加同意書

1.ご挨拶
2.はじめに
3.チャネリングとは何か?
4.チャネリングという言葉
5.チャネリングをする前に
    ・呼吸法
    ・グラウディング
    ・センタリング
    ・ライジング
6.ハイヤーセルフとは
7.高次の存在
8.チャネリングのやり方
     ・ハイヤーセルフチャネリング
     ・人物、動物チャネリング
     ・物、場所のチャネリング
     ・守護霊・天使(見えないもの)チャネリング
     ・パラレルワールドチャネリング
9.答えがあるから疑問が起こる
10.妄想か真実かその答え
11.ハイヤーセルフ・他高次元体とのコミュニケーション法
12.恐怖を感じたら
13.気づきと学び
14.最後に

―Option―
チャクラについて
グラウディング誘導文
センタリング誘導文
ライジング誘導文
簡単チャネリングエクササイズ
好転反応について
Art of Lifeからあなたへ



遠隔でSkypでの受講も可能です。詳しくはお問い合わせください。
詳細は決まり次第、随時更新致します。

日時:3日間(3日×6時間=約18時間)
時間:約6時間予定
料金:15万

お申し込みフォームへ



高次元のサポートを受け入れ、あなたらしく生きましょう


▼以下の記事をお読みください▼

講座・よくあるご質問
講座に関するプライバシーポリシー・キャンセルポリシー・他注意事項
講座のご案内

お申し込みフォームへ





カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
6位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
ランキング参加中



ブログランキング・にほんブログ村へ

JRANK人気ブログランキング

ブログ王ランキング

ポチっとしていただけると
BLOG更新の励みになります♪
MENU
Free
ココロ万華鏡
Link


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。